介護保険について

はじめに

40歳から64歳の方が会社から給与を支給される際、 給与明細の控除の欄に「介護保険料」という欄があるかと思います。
これが介護保険といって、勤務されている方ご自身が認知症や寝たきりの状態になってしまった際に、 介護サービスを受けることができるようになる、という保険になります。
身内に要介護の家族がいる場合などは、一気に身近な存在になる介護ですが、 近くにそういった相手がいない方にはどうしても実感が沸かない領域なのが介護ですよね。

しかし、年齢とともに必ず付き合っていくことになる「介護」という言葉。
現在の高齢化社会では、私たちが生きていく以上、避けては通れない道になってきています。
このホームページでは、介護保険についてを詳しく解説し、 少しでも知識を深めるのにお役立ちできたらと思います!

加入者について

満40歳以上の者が介護保険の被保険者となる。65歳以上を第1号被保険者、40歳から65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者といいます。ちなみに医療保険に加入していない人は第2号被保険者ではありません。そして住んでいる市区町村の地域内に住所を有する人を被保険者とするのです。これは国保と同じですね。

40歳以上の人は介護保険に加入します。(原則)
うち、65歳以上の人は第1号被保険者、40歳~64歳までの人は第2号被保険者といいます。
ただし、次の人は40歳以上でも介護保険に加入できません。

●40歳から64歳までの人で医療保険に加入していない人

●適用除外施設(身体障害者療護施設、救護施設など)に入所している人

●日本国籍を有しない人で、在留資格のない人や滞在1年未満の人

    介護保険の特定疾病は厚生労働省で16種類を決められているようです。初老期の痴呆、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン氏病、脊椎小脳変性症、シャイ・ドーレガー症候群、閉塞性動脈硬化症、後縦靭帯骨化症、糖尿病性、慢性閉塞性肺疾患、両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症、慢性関節リュウマチ、脊柱管狭窄症、骨粗鬆症による骨折など。